【 2021年大人気レーザーポインター通販店】【厳選おススメ】【全品送料無料】【全品 安心の1年間保証付き】,メール連絡:support@ledpointa.com

LEDモジュール使用方法と注意事項

1:LED専用スイッチ電源。防湿できるが、防水はできない。だから、電源を外置きする時、防水対策を求められている。

2:スイッチ電源はすでに、LEDモジュールの特性によって輸出電圧を調節しました、使用中、勝手に電圧の調節ボタンを弄らないように。

3:LEDモジュールはすべて低圧輸入で、電源はLED発光モジュールの10メートル以内に取り付けるのを求められている。

4:LEDは正負極がある、取り付ける時きちゃんと正負極を合わせるように。逆にすると、発光しないが、LEDモジュールを損害することはありません、ご心配なく。付け直せば大丈夫。

5:LEDモジュールは低圧輸入で、電源を経由しなくて、直接220V電圧に接するのは決してダメです。直接220電圧に接すると、モジュールを焼き壊れる可能性高い、ぜひ、ご注意してください。

6:LEDモジュールを取り付ける時、両面テープ又は木工用テープを使用して、モジュールの溝と高分子ポリマー板をきっちんと付着させる。両面テープを使う時、ちょっとガラステープを付けると、より安全です、もし、ガラステープをつけないと、長時間太陽の光が射して、モジュールが脱落する可能性はあるので、ご注意!

7:LED発光文字または箱内にモジュールを取り付けるとき、できるだけ三分、四分線を使用して、回路一つ、或いはいくつにしてください。

8:電源ポートに接するモジュールは50組を超えないようにしてください。しないと、尾部モジュールは電圧衰弱によって、明るさを低下する。もちろん、回路になると、衰弱現状を避けることはできますが、多すぎないように。

9:防水処理されてなかったLEDモジュールは、LED発光文字または箱内に取り付ける時、雨水が中へ入るのを防ぐ対策が求められている。

10:モジュール間の隙間は明るさの要求によって調整することができる。毎平方メートルに50~100モジュールを分散された方がいい。

11:電源線を箱内に接する時、必ず最初四分線或いは三分線をそれなりの四組或いは三組とつけることが必要。箱内に接した後、外の圧力で脱線しないように、大きな結び目を作ってください。

12:単分線の長さは12~m、15~m2種類ある、実際によって使ってよい。跳ね上がった部分(使わない残りも含め)はガラステープで文字の底板に固定することが必要です。

13:取り付ける時、モジュールの部品を押し出さないように、部品を壊させて、全体効果に影響させるのをご注意必要。

14:ソケットから脱落しないように、ソケットに鉤をデザインーした。挿入する時、不具合はある場合、抜き出してもう一回挿入してください。きっちんと接着しないと、脱落することがあるので、ご注意ください。

オススメ商品
オススメ記事
レーザーポインターはあなたの講演に力を出しますが、そのレーザーポインターの発光原理はどれぐらい知っていますか。簡単な科学発明作品によって、廃棄した注射筒を利用して、無料なレーザーポインターを自分で作ることを教えます。
レーザーポインター焦点調整,レーザーのヒント合わせはどうしたらよいでしょうか。マッチに火がつく方法:光を見ながら、フォーカス頭をゆっくり回って、5~15cmの所ビームは段々細くなる、マッチを一番細い所に置くと、すぐ燃える。