【 2021年大人気レーザーポインター通販店】【厳選おススメ】【全品送料無料】【全品 安心の1年間保証付き】,メール連絡:support@ledpointa.com

レーザー焦点調整,ヒントを合わせる方法

1:レーザーポインター満天星アダプタを付けている(効果図)
2:レーザーポインター満天星アダプタを外している(効果図)
3:レーザーポインター満天星アダプタを外すと、射し出した光は一直線です。この時の白斑は一番小さくて、照射距離は一番遠い。
4:マッチに火がつく方法:光を見ながら、フォーカス頭をゆっくり回って、5~15cmの所ビームは段々細くなる、マッチを一番細い所に置くと、すぐ燃える。

レーザーポインター調整

レーザーポインター焦点調整,レーザーのヒント合わせはどうしたらよいでしょうか

誰でも知っているように、 レーザー カッターで金属板材を良く切断できる。切断の精度が高いだけではなく、切断断面もツルツルでバリがない。厚い板でも、薄い板でも、良く切断できる。ですが、この良い効果にあるのは、レーザーカッターのヒント合わせと離れない関係があります。これは 一 眼 レフ カメラがヒントを合わせてから 画像 形成 がよくできると同じ原理です。

では、焦点制御は何でしょうか。レーザー カッターを良くご存知している人達が絶対分かると思います。レーザーカッターは違う材料、違う厚さの板材を切断する時、良い効果になる為に、レーザービームの焦点は違う所に設定する(写真の通り)、これは所謂焦点を調節する事です。

レーザーポインター 出力調整

レーザー切断の早期は、焦点を調節方法は主に手で調節しました。今、レーザー技術の発展によって、自動調節もうできることになりました。では、疑問を持っている人もいます、回路はすべてカッティング ヘッドの中に集まっているので、カッティング ヘッドの高さを変えれば、焦点を調節できることではないでしょうか。カッティング ヘッド上がれば、焦点の位置は高くなる、カッティング ヘッド下がれば、焦点の位置も低くなる。実は、そんなに簡単なものではありません。

カッティング ヘッドの底部はノズルです。切断中、ノズルと作業対象の距離(ノズルの高さ)約0.5~1.5mmです。これを固定値としてみましょう。つまり、ノズルの高さは変わりません。だから、カッティング ヘッドの高さを変えるによって、焦点を調節することができません。(しないと、切断できません)

コンデンサ レンズの 焦点 距離も変えれませんので、 焦点 距離を変えるによって焦点を調節するのもできません。コンデンサ レンズの位置を変えれば、焦点の位置も変えます:コンデンサ レンズ下がれば、焦点も下がる、コンデンサ レンズあがれば、焦点も上がる。これは確かに焦点を調節する一つの方法である。電気機械を使って、コンデンサ レンズの上下運動を駆動すると、自動調節することができます。

他にもう一つの方法は:ビームはコンデンサ レンズに入る前、曲 率 変換 反射鏡(或いは調節できる鏡)を置いて、反射鏡の曲 率 を変えることによって、反射されたビームの発散角度を変えて、焦点の位置も変えます。

自動的に焦点を調節できる事によって、違う材質、違う厚さの物を加工する時、機械は自動的に焦点を必要な位置に調節できます。これは加工出力パワーを際立つにUPできます。厚い板に穴加工の時間も短縮できます。

だから、レーザー カッターにとって、焦点の自動調節機能は重要な機能で、さらに、欠けない機能と言ってもいいです。